12月, 2016年

タオル美術館のイルミネーション

2016-12-26

吉田ゼミナールから車で10分程度の距離にあるタオル美術館。今までも、何度かご紹介しましたが、今年も例年通り、イルミネーションが始まりました。

夜9時30分まで点灯しているので、夜、ちょっと暇なときにお勧めです。場所によると、車を停める場所がなかったり、駐車場から離れていて寒い中、歩くのが大変というところもありますが、このタオル美術館は、夜のイルミネーションは車を停めると、もう、そこからスタート、そして、おまけに無料、なので、いつでも気楽に行くことができます。

pic000034

車を降りて、階段を少し上がったタオル美術館の庭園が、すべてイルミネーションで覆い尽くされた光のトンネルが続きます。

pic000031もともとタオル美術館は、ムーミンがテーマとしてよく登場し、散歩道にはムーミンの石のオブジェクトもあります。

当然、ムーミンの友達のスナフキンやリトルミイもイルミネーションとして登場します。

pic000032

が、このイルミネーションも、ムーミンの友達なんでしょうかね。

pic000030

このイルミネーションは、クリスマスが終わった後も、3月中旬まで点灯されます。

確かに、国家試験が終わった後で、この景色を毎年、見ることができるんですね。

 

愛媛の人は大腸癌が少ない

2016-12-03

今朝のテレビ「サタデープラス」で、「大腸癌が一番少ないのは愛媛県」と言っていたのをご覧になりましたか。

理由は、「じゃこてん」ということでした。

ちなみに、そのテレビを見ながら食べていた我が家の朝ごはんは、「じゃこてん」でした。

dsc_0196

テレビでは、じゃこてんを、お味噌汁に入れる、カレーに入れる、煮物に入れると説明していましたが、私たちは、「そのまま、食べる」です。

このじゃこてんは、いろいろな雑魚をミンチにして、少しの粉や山芋などを練り込み、形をつくって油で揚げたものです。ほかの県と比べると、骨っぽいというか、ざらざらした感じですね。確かに、魚の頭とうろこだけを取り除き、ミンチにするので、カルシウムが豊富。このカルシウムが癌細胞の増殖を抑えるらしいです。

そんなことを聞いたのは初めてでしたが、私たちは、じゃこてんはおやつ代わり。包丁で切って食べることは、まあ、なしかなあ。

 

愛媛の大腸癌が少ない理由は、そのほかに自転車に乗ること。まあ、しまなみ海道は、高速道路を自転車だけが通行できる日本最大級の国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ」が行われ、全国のサイクリストが集まり「サイクリングの聖地」ですね。

私たちはその応援のほうですが・・・。

コースを見ても、これはほとんどプロの世界、と思うようなコースを、みなさん楽しんでいるわけで。

この自転車に乗るという行動が、体にはいいようです。

基礎力の強化

過去問を検索する

過去問の解説をみる

Copyright© 2010 スタッフブログ|看護師国家試験対策の吉田ゼミナール All Rights Reserved.